堪能レビュー

【堪能レビュー4】エドガー・アラン・ポー4作品とアガサ・クリスティ「ABC殺人事件」

Pocket

今年から個人的ミステリーブームが到来して、小説やドラマで少しずつミステリー作品を堪能する日々が続いています。まだ数多く読めてはいないのですが…。ここ最近読めたエドガー・アラン・ポー4作品とアガサ・クリスティ「ABC殺人事件」のレビュー…というより感想とあらすじを合体したようなものになってしまいましたが…。ざっくり書きますね。

エドガー・アラン・ポーから4作品

黒猫

昔読んだのでオチを覚えてはいたのですが再読。
男は酒癖が悪い。酒癖の悪さ(何らかの欲を引き出した?)はあらゆる死を招いた。そしてネコの名前はプルート。(冥界の神)
男はある地点で死から逃げられない運命になったのでしょうか?

赤死病の仮面

次々に人を死なせていく「赤死病」。王様は生きのこった人をお城に集め、7つの部屋を作って楽しく過ごします。(正直「こんな大惨事に7つの部屋を作るって…」とちょっと突っ込みたくなりましたが)

そして仮面舞踏会を開いてにぎやかに楽しく過ごしたのですが、病魔はいつの間にか目の前にいました。

…誰一人助からないうえにこの後どうなったかを考えるともう…。素敵に陰鬱な気分を味わえる作品でした。

アッシャー家の崩壊

手紙を送ってきた友達の家に行ったら…というお話。アッシャー家は呪われていたのかと思いますが、後半が怖いです。主人公に手紙を送った友達は精神が崩壊し、死んだはずの友達の妹が…。そして結末はホラー映画。(これにヒントを得たホラー映画は多いのでしょうか?)

(物理的に)崩壊すると思っていなかったので怖いより先に笑ってしまいました…。

スポンサーリンク

モルグ街の殺人

奇妙な殺人事件が発生。被害者は文だけでも分かるほどの残虐さでもって殺害されている。で、犯人は…と思いきや「まさかの…」でした。なお読んだ本の挿絵が気持ち悪くて素敵でしたよ。

エドガー・アラン・ポーの作品はシュールですね

とはいえまだ全作品読破していないのですが。今のところ読んだ作品はラストがみんなシュールで素敵です。確かに怖いのですがどちらかというと奇妙な終わりかたが多くて独特で読後不思議な気分になります。

スポンサーリンク

アガサ・クリスティ 「ABC殺人事件」

書籍で読んだことがあるのは「そして誰もいなくなった」だけ。最近アガサ・クリスティ作品のドラマ化も多いことからもっと読みたくなってまず「ABC殺人事件」を読みました。ABC…の順に人が殺されていく事件のお話です。

改めてちゃんと読むと人の描き方が凄いですね。西洋だから馴染みのない名前ばかり。だけど読む内に誰がどんな見た目でどんな風に動いているのか頭に再生されるのです。

しかもテンポがよいから分厚い本でもすいすい読めます。最初本を見て「…ちょっと分厚いかも…」と思っていたのですが3~4時間程度で読み終わりました。(これが早いか遅いかは別として…)

そして犯人が分かったとき「おおおっ」と変な声が出ましたよね。トリックにびっくりしたのです。

アガサ・クリスティをもっと読みたい

もっと読みたいですね。それから他にモーリス・ルブランも読み始めています(子どもの頃よく読んでいたな、とふと思い出して)。そして名前だけ知っているけれど読んだことのないエラリー・クイーン。まずこの辺りから読んでいこうと思います。

スポンサーリンク
Pocket

CATEGORIES & TAGS

堪能レビュー, , , , , , , , ,

楽趣みくす

Author:

フリーライター&編集、音楽といろいろ活動中の楽趣みくす(旧:らくしゅみっくす)★日常・音楽・読書・活動等好きを綴ります★ 詳細なプロフィールはこちら。http://lakshmix.xyz/profile/

プロフィール

楽趣みくす(旧:らくしゅみっくす)です。ライターと編集((最近は編集多め)、音楽や潜在意識…多々活動中。日常・音楽・読書・活動等を綴ります★

詳細なプロフィールはこちら

カテゴリー別記事

月別アーカイブ

検索まど

A8